SEO対策に効果的な記事構成の作り方 | WEB担当者が記事作成に必要な全知識

 

「SEO対策を気にするなら記事構成した方が良いって聞くけどイメージできない」

 

立石

記事を作成する際、SEO対策の知識が少ない方はいきなり記事を書いてしまうかもしれませんが、SEO対策的に言うとそれってNGなんです。

この記事では、SEO対策に効果的な記事構成の作り方をはじめ、WEB担当者が記事作成に必要な全知識をお伝えしたいと思います!

メディア担当であれば知っておきたい内容をご紹介していきますね。

 

SEO対策の仕組みと記事構成について

SEO対策の仕組み

SEO対策が行われている記事は、Googleで検索した際に上位に表示されるようになります。

言い換えると、Googleに評価されるように記事を作成するのが、SEO対策の仕組みです。

以下は、Googleがサイトを評価する基準で、基本的にはそのサイトが読者にどう評価されているかということです。

 

  • 読者が調べたい内容に的確に答えている記事
  • 読まれる時間が長い記事
  • 多くのアクセス数が集まる記事
  • 他の記事も読んでみたいと思わせる記事

 

立石

では、実際にGoogleに評価されるとGoogle上でどのように表示されるかをご紹介します。

「seo記事構成」というワードで検索すると、最初にGoogleに広告費を支払っているサイトの記事が表示されます。

その次に、広告費用をかけていないサイトが表示され、最上位に表示されているサイトが現時点で最もGoogleに評価されている記事になります。

 

▼SEO対策を行うとどうなるか

 

立石

お分かりの通り、すでに多くのサイトがGoogleから評価を受けているので、記事を作成してすぐに上位表示を狙うことは実際難しいのです。

記事を作成したばかりの頃は検索順位が低くても、読者やGoogleに評価されるようになると時間の経過と共に検索順位が上がってくる仕組みです。

 

SEO対策に必要な記事構成とは企画のこと

SEO対策に必要な記事構成とは「企画」のことで、分かりやすく言うと「記事の設計図」です。

中見出し、小見出しを決めておくことで、記事の全体像が浮かんでくるので記事作成がしやすくなります。

 

立石

この記事を例にあげて説明していきます。

この記事の「記事構成」は以下のようになっており、5つの中見出しがあり、それぞれに小見出しがついているという記事構成になっています。

 

記事構成(キーワード「SEO記事 構成」)

 

立石

記事構成が綺麗にまとまっていることで、記事全体で無駄な記述を減らすことができ完結に言いたいことをまとめられるのも特徴です。

読者が読みやすい記事はGoogleにも評価されやすくなるので、記事構成を作成して記事を作成することは効果的なSEO対策になります。

 

記事構成がSEO対策に大きく影響する3つの理由

1.読者のニーズを意識して的確に伝えられるから

根拠を持って作られた記事構成に沿って書かれた記事は「読者のニーズ」を意識して的確に伝えることができるため、高いSEO効果が期待できます。

記事構成は作成する段階で読者のニーズを反映しているので、読者ニーズを頭に入れながら的確に記事作成を行うことができます。

 

立石

実際にライターが記事構成なく一気に書きあげた記事というのは伝わりにくいものです。

考えながら記事を書き進めていくのは非常に難しく、気がつくと読者のニーズから外れた内容になってしまっている場合も多くあります。

 

2.評価されている記事を分析した後に記事に反映できるから

また、記事構成を企画する際に評価されている記事を分析することで、それらの記事の良い部分を記事構成に反映することができます。

すでに評価されている記事に何がどのように書かれているかを分析することで、Googleに評価される記事の記事構成を作ることができるのです。

評価されている記事とは何か
  • Googleに評価されて検索上位にある
  • アクセスが多く検索上位にある

 

立石

記事構成をするのであれば、現時点で評価されている記事の分析をして、以下のような項目をチェックするのは欠かせません!

  • 記事構成
  • 本文の内容
  • タイトルのユニークさ

まずはすでに評価されている記事を分析し読者のニーズを知ることで、高いSEO効果を発揮することができます。

 

3.全体像を把握できるから

記事構成があると記事の全体像を把握できるため、SEO対策で高評価を受けやすい「読まれる時間が長い記事」の作成に繋がります。

「読まれる時間が長い記事」はSEO対策において非常に重要な条件であり、Googleからも高い評価を受けます

  • 読者が調べたい内容に的確に答えている記事
  • 読まれる時間が長い記事
  • 多くのアクセス数が集まる記事
  • 他の記事も読んでみたいと思わせる記事

 

立石

記事構成を作成し全体像を把握できていると、記事の流れや切り口を工夫して読者が最後まで読みたくなる記事を作成することができます。

また、「読者が調べたい内容に的確に答えているか」という点でも、全体像を把握しながら記事を作成することで本質をブラさずに記事を作成することができます。

 

SEO対策に効果的なティール式記事構成の作り方

1.対策キーワードを選ぶ

SEO対策に効果的なティール式記事構成を作る最初の手順は、「対策キーワードを選ぶ」ことです。

対策キーワードを選ぶことを「キーワード選定」と呼び、その目的は「狙っているユーザーを集める」ことです。

ターゲットユーザーが検索しそうなキーワードを盛り込んだ記事を作成していくことで、ターゲットユーザーが読む可能性の高い記事を作成するのです。

 

「キーワード選定」のステップ

キーワード選定の方法として以下のようなステップを踏むことで、記事構成に必要なキーワードが見えてきます。

  1. 競合メディアからキーワードを洗い出す
  2. 各単体キーワードの月間検索数を調査する
  3. 狙うターゲットを設定する
  4. ターゲットに合った単体キーワードを選定する
  5. サイト構成を決定する
  6. 単体キーワードに紐づく複合キーワードを選定する
  7. 複合キーワードを取捨選択する

 

立石

記事構成を作成する上で、この「キーワード選定」は絶対に欠かすことができません。

根拠あるキーワード選定ができれば、ターゲットとなるユーザーにアプローチできる記事作成に繋がっていくのです。

 

2.競合調査をする

キーワード選定ができたら、次はそのキーワードに対応している「競合を調査」します。

  1. Googleのシークレットモードで新規タブを開く
  2. 選定したキーワードで検索
  3. 最低でも上位10記事を閲覧
    左上に「広告」と書かれている有料広告サイトは覗く
  4. 上位3記事を競合調査のタブにまとめる

 

立石

実際に「SEO記事 構成」というキーワードで作成された記事を作成する際の競合調査の様子を紹介します。

以下が競合調査をまとめた表になります。

 

▼競合調査をまとめた表

 

確認すべき項目
  1. 競合サイトのタイトル
  2. 競合サイトのURL
  3. この記事は読者のどんな『顕在ニーズ』を解決しているのか
  4. この記事は読者のどんな『潜在ニーズ』を解決しているのか
  5. この記事の特徴
  6. この記事は読者にとって何が不足しているのか
  7. この記事のアウトライン

 

競合調査を実施し、「seo記事 構成」で検索するユーザーのニーズが見えてきました。

「seo記事 構成」で検索するユーザーのニーズ
  • SEOに強い記事構成の作り方が知りたい
  • 記事構成で失敗したくない
  • SEO対策に記事構成は必要なのか(面倒だから省きたい)

 

立石

また、上位表示されている記事には専門用語がある程度使われていることから、ターゲットが「超初心者ではない&2人以上の団体」でメディア運営していくユーザーになると判断しました。

これは、SEO対策の知識がなく全くの素人の方が「記事構成」という言い方はしないことから推測できた見解です。

 

3.多くの読者に刺さりやすい構成にする

競合調査を終えたらいよいよ記事構成に入ります。

ここで重要視すべきなのは「より多くの読者に刺さる」構成にすることです。

検索結果で上位に表示されている記事は、多くの読者に刺さる内容になっていることから、100人中1人に刺さる内容より100人中20人に刺さる内容の方が評価されているのがわかります。

これを頭に入れて、「seo記事 構成」をキーワードとして記事の記事構成を見てみましょう。

「seo記事 構成」の記事構成
  1. SEO対策の仕組みと記事構成について
  2. 記事構成がSEO対策に大きく影響する3つの理由
  3. SEO対策に効果的なティール式記事構成の作り方
  4. SEO対策を意識した記事構成が失敗する5つの事例

 

立石

「seo記事 構成」で狙うターゲットは、SEOの知識はほぼない法人のWEBメディア担当者なので、まずは「SEO対策の仕組みと記事構成」を解説します。

次に記事構成がSEO対策に効果があることを説明してから、「記事構成の作り方」に入るのが理想的だと考えました。

また、記事構成の作り方を知った上で失敗例を押さえておけば、間違いを起こさずに記事構成を作ることができます。

 

なるべく多くの人に刺さる記事構成は簡単に作られるものではなく、「キーワード選定」「競合調査」というステップが必要ということです。

 

SEO対策を意識した記事構成が失敗に終わる5つの事例

1.検索結果にある記事の内容をコピーしている

いくらSEOを意識して記事構成を作成しても、検索結果にある記事内容を「コピーした記事構成」になっていると失敗です。

新しい記事に求められること
  • 新しい切り口からの考察
  • オリジナリティー
  • 正確性

 

立石

記事を作成する際に最も気をつけなければならないのが、「コピー」です。

これは記事構成も同じで、他のコンテンツをコピーした内容は絶対にNGになります。

新しい記事に求められているのは、新しい切り口からの考察やオリジナリティーのあるアイデアなどです。

 

すでにあるコンテンツと同じ情報を再び発信しても、それは世の中にすでにある情報なのでニーズがありません。

SEO対策で競合調査などを行うとまだ他の情報が応えていないニーズや他の人が気がついていない読者のニーズに気がつくことができるので、それに応えるような記事構成が必要なのです。

 

2.読者が飽きてしまうほど長い記事構成になっている

SEO対策をしすぎて構成に凝ってしまい、読者が飽きてしまうほど「長い記事構成」になっている場合も失敗です。

記事構成の見出し作成ポイント
  • 中見出しと小見出しが必要以上に増えないようにする
  • 小見出し以下の見出しを必要以上に作らない

 

立石

「あれもこれも・・・」というふうに様々な要素が詰め込まれた記事構成はやたらと長くなり、記事構成が長いと記事自体の文字数も多くなってしまいます。

文字数の目安として大体2000字〜4000字がSEO検索上位と言われており、少なすぎても多すぎてもダメです。

特に文字数が異常に多い場合は、読者が飽きてしまうので気をつけないといけません。

 

3.読者が理解できない記事構成になっている

SEO対策を意識して記事構成をしても、「読者が理解できない記事構成」になっていると失敗になります。

競合調査で様々なサイトを調査した後に、各サイトから必要そうな要素を引き抜いて構成を考えると一貫性のない記事構成が出来上がってしまいます。

競合調査では他のサイトがどのような読者のニーズに応えているのかという本質を読み取り、それを記事構成作成に生かすから質の高い記事構成が出来上がるのです。

読者が理解できない記事構成とは
  • 他競合サイトから引き抜いただけの構成
  • 構成に一貫性がない

 

立石

良い記事構成は簡潔に記事を要約することができているものであって、読者が記事構成を理解できないのであればその記事自体は絶対に読者に理解されません。

記事構成は作成する場合は読者の気持ちになって考えてみることも大事ですよ。

 

4.読者が求めていない情報を追加している

SEO対策を意識しすぎて情報を盛り込みすぎ、「読者が求めていない情報」を追加してしまった記事構成も失敗となります。

「狙っているユーザーが求めていることではないけど、関連がありそう・・・」という内容は他の記事にまとめて、リンクさせれば良いのです。

読者が求めている記事を作るには
  • 読者が求めている情報だけを記載
  • その記事が一番伝えたいことを最重要視する
  • 関連していそうな内容は他の記事でまとめて、リンクさせる

 

立石

SEO対策で必要なのは、読者が求めている情報だけを提供する記事にすることです。

読者が求めていない情報は全く意味がないので、記事に記述するのはむしろNGです。

読者が記事に求めている内容意外を無駄に記述して記事を長くするのはやめましょう。

 

5.キーワードを意識しすぎて日本語が正しくない

SEO対策としてキーワードを意識しすぎるあまり、キーワードを詰め込みすぎて「おかしな日本語になる」失敗ケースもあります。

おかしな文章の特徴
  • 一文がやたらと長い
  • 同じような意味の文章が多い
  • 回りくどい表現になる

 

立石

SEO対策としてキーワードを記事構成や本文中に何回も使用したくなりますが、無理に詰め込んでしまうとおかしな日本語表現や伝わらない回りくどい表現になりがちです。

読者は読みにくい文章であると、ただちに記事を読むのをやめて別のサイトを行ってしまいます。

キーワードを何回使用したかではなく、まずは読者が読みやすい記事構成や文章を作成することが大切です。

 

まとめ

 

立石

SEO対策に効果的な記事構成の作り方はご理解いただけましたか?

記事構成を作成することはSEO対策に非常に有効なので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

記事を読んでもまだ自信がないという方は、一度「ティール株式会社」のようなプロに相談するのも一つかと思います。

弊社では料金を事前に紹介しておりますので、安心して依頼できますよ。

 

※料金ページでお問い合わせが可能です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA