SEO業者の選び方と注意点 | SEO業者選びの5つのポイント

 

「SEO業者ってどこも同じ?選んだ方が良いのかな?」

 

立石

「SEO業者」ってネットで調べるとたくさん出てきて、どこが一番良いのかわからないですよね〜。

お金を払って大事な自サイトの改善をお願いするのだから、どうせなら信頼できて結果を期待できる業者に任せたいという方も多いと思います。

実際「SEO業者」と名乗っていてもやり方や金額などに違いがあるので、何も調査せずに依頼してしまうのは危険です!

そこで、この記事では「SEO業者の選び方と注意点」を紹介していきます。

業者を選ぶ際のポイントも説明するので、これからSEO業者を探そうとしている方は必見ですよ。

 

SEO業者を選ぶ前に注意したいSEO対策の目的

SEO業者を選ぶ前に、そもそも「なぜSEO対策をするのか」という目的を明確にしておくべきです。

SEO対策の目的はアクセス数を伸ばして、最終的にお問い合わせ数やお申し込み数を増やすことです。

SEO対策を始める前に知っておきたいこと
  • SEO対策のゴールはどこか
  • アクセス数の先にある結果をみる

 

立石

ただ単にアクセスを集めることだけに気を縛られるのではなく、本当の目的であるお問い合わせやお申し込みがどれだけ増えたかが肝心なのです。

まずSEO業者を探す前に、何のためにSEO対策を行っているのかを把握しておきましょう。

 

SEO業者を選ぶ前に知っておくべきSEO対策の基本

良質なユーザーだけを集める

まずSEO対策では、「良質なユーザーだけを集める」ことが基本です。

「良質なユーザー」とは
  • 記事をよく読んでくれる
  • 関連記事も読みたいと思ってくれる

 

立石

良質なユーザーはサイト内の記事をしっかり読んでくれて離脱率が低いのが特徴です。

そのような「良質なユーザー」を集めることで、googleやyahooからの評価を効果的に高めることができます。

そこで、SEO対策の基本としては「良質なユーザー」をいかに集められるか、そのためにどのようなサイトにすべきかを考えることが重要なのです。

 

キーワード選定で狙うべきターゲットを狙い撃ちする

また、SEO対策の基本として「キーワード選定で狙うべきターゲットを狙い撃ちする」ことも大切です。

キーワード選定とは

インターネット検索結果で上位表示したいキーワード(SEOキーワード)を選ぶこと 

 

立石

読者はGoogleでキーワードを検索して、必要な情報が含まれている記事を見つけます。

つまりGoogleで検索されるキーワードにはユーザーのニーズが詰まっているのです。

この検索キーワードを分析して「ユーザーニーズ」を把握することができれば、ターゲットをうまく集められます。

キーワードを適切に選定できると、狙うべきターゲットを狙い撃ちすることができるようになるのです。

 

検索キーワードを決める方法
  1. キーワード候補を大量に洗い出す
  2. 関連キーワード取得ツールでサジェストワードを取得
  3. Googleキーワードプランナーで検索ボリュームを調査する
  4. キーワードを分類して対応するキーワードを選定する
    →ユーザーニーズを汲み取り、ターゲットが必要としているコンテンツを提供する

 

立石

うまくキーワード選定を行うと、ターゲットをうまく集められるのがSEO対策の魅力です。

「どんなユーザーをどんなキーワードで狙うのか」と計画するのがSEO業者の腕の見せどころということです。

 

記事・サイト設計や適切な動線設計

加えて、SEO対策では「記事・サイト設計や適切な動線設計」が重要です。

良質なユーザーがサイトにアクセスしてきても、適切な記事設計・サイト設計がされてなければ、サイトは利用してもらえず他のサイトに行ってしまうのです。

それを防ぐために、記事・サイト設計や適切な動線設計を心がけてサイト作りをすることが重要です。

 

立石

Googleからの評価において、サイトにアクセスしたユーザーが離脱せずサイト内をウロウロすることは非常に大きなポイントとなります。

例え話になりますが、入ったお客さんがすぐに出てきてしまうようなレストランでは、そのレストランが信用できる人気のお店とは感じられませんよね。

「ご飯を食べる」という目的があってレストランに入店したお客さんが、ご飯を食べてから出てくるのと、何も食べずにすぐに出てくるのでは世間の評価は異なります。

Googleも同じで、「情報を得る」ためにサイトにアクセスしたユーザーが求めていた情報を得てからサイトを去るのか、それとも情報を得る前にすぐに去るのかでは評価が異なります。

 

離脱しないための工夫
  • 記事設計
    →ユーザーが読みやすい記事にする
  • サイト設計
    →ユーザーがストレスなく使えるサイトにする
  • 適切な動線設計
    →求めている情報の在り処を明らかにする

読者が離脱せずに楽しんでサイトを利用できる設計にすることで、SEO対策という観点で大きなアドバンテージになるのです。

 

内部対策と外部対策

そして、SEO対策の基本として、「内部対策と外部対策」についても理解する必要があります。

2種類のSEO対策
  • 内部対策
    サイト内部で行うSEO対策
  • 外部対策
    サイト外部で行うSEO対策

「内部対策」は、サイト自体を改良して質をあげることに加えて、Googleからの評価を受けるために行う対策のことです。

Googleからの評価を高めるには、Googleのサイト評価ロボット「クローラ」がサイト内を巡回しやすいことが大きなポイントになります。

そこで、「内部対策」でクローラが巡回しやすいようにサイト内を改善していくのです。

  • サイトマップの作成
  • サイト内のリンク構造の最適化
  • カテゴリの最適化
  • パン屑リストの作成

一方で、「外部対策」はサイトの外部で行うSEO対策で、その多くは被リンクに関する対策です。

被リンクとは掲載しているコンテンツが有益であるため、他のサイトが紹介・参照するためにリンクを貼ることをいいます。

Googleでは古くから被リンクをコンテンツの重要な評価指標として用いており、多くの被リンクを獲得することでサイトの掲載順位が上がります。

  • SNSでのシェアを促すためのボタンの設置、レイアウトの工夫
  • サテライトサイトの製作と、メインサイトへのリンク作成

 

立石

SEO対策では、「内部対策」「外部対策」と二つの側面から対策していくことが必要なんです。

ただ、その二つともGoogleからの評価を基準に対策していくという意味では同じです。

 

SEO業者の最適な選び方 | 5つのポイント

1.コンテンツ企画・作成の質

SEO業者を選ぶ際の一つ目のポイントは、「コンテンツ企画・作成の質」をチェックすることです。

 

立石

可能であれば、以前担当したサイトのコンテンツを提示してもらうようにしましょう。

もし担当してきたコンテンツに自信があるSEO業者であれば、しっかり過去の担当コンテンツを提示してどのような戦略を持ってコンテンツを企画・作成してきたのかを説明してくれるはずです。

 

チェックしたい内容
  • ユーザーニーズに応える企画か
  • 企画作成者はスキルや実績があるか
  • Googleから評価される企画構成か
  • コンテンツの分量や文章の質はどうか
  • 専門的なライターが執筆するか

 

2.補助金や助成金サポートの有無

SEO業者を選ぶ際の二つ目のポイントは、「補助金や助成金サポートの有無」をチェックすることです。

 

立石

クライアントの予算が少ない場合には、助成金や補助金を申請することで予算を増やすことができます。

実際、SEO対策に予算をかけることが難しい小さな企業も多く、SEO業者がのぞむ金額を払えないケースもあります。

そういった場合に、助成金や補助金を申請するサポートも含めて提案してくれるSEO業者があります。

なるべくお金をかけずにSEO対策をしたいのであれば、補助金や助成金の申請をサポートしてくれるSEO業者を探した方が良いです。

 

3.具体的な戦略の提案の有無

SEO業者を選ぶ際の三つ目のポイントは、「具体的な戦略の提案の有無」をチェックすることです。

 

立石

実績のあるSEO業者はサイトを改善していく際に、具体的な戦略を持ってサイト設計やコンテンツ企画・作成を行っています。

サイトの「数値分析」に基づいた施策を考え、それを実行していく「PDCAサイクル」を回すことで、SEOの順位をあげていくことが可能なのです。

  • P プラン
  • D 実行
  • C チェック
  • A 改善・再実行

常に改善していくことで、Googleから高い評価を得ることができて、最終的なお問い合わせやお申し込みの増加につなげることが可能なのです。

 

チェックしたい内容
  • キーワード選定
  • 競合調査
  • 各数値分析

 

4.費用対効果

SEO業者を選ぶ際の四つ目のポイントは、「費用対効果」をチェックすることです。

 

立石

費用対効果とは、「支払う費用に対してどれくらいの効果を保証しているか」ということです。

実際SEO業者の中には、費用に対して効果を保証していない業者や働きに合わない費用を請求している業者もいます。

その業者が適正価格で、どれだけの仕事や効果を保証しているのかを最初にチェックすることは必要です!

 

事前にSEO業者に依頼する前にチェックしておきたい項目をご紹介します。

チェックしておきたい内容
  • 価格
  • 支払い形態(前払い、後払い、月額固定)
  • プラン内容
  • オプションプランの有無

プラン内容が明示されていない場合は、最終的にどのくらい費用がかかるかわからないので、事前にチェックしておきましょう!

また、追加のオプションプランが豊富な場合もどんどん費用が増える場合があるので注意が必要です。

 

5.費用対コミット力

SEO業者を選ぶ際の五つ目のポイントは、「費用対コミット力」をチェックすることです。

 

立石

費用対コミット力とは、「支払う費用に対してどれくらいコミットしてくれるか」ということです。

様々な情報が無ければ、その業者のキャパシティを正確に知ることはできません。

自信を持って説明してくれない業者は少し疑った方が良いかもしれません。

せっかくお金をかけて依頼するのであれば、二人三脚でサイト改善してくれるSEO業者が良いですよね。

 

チェックしたい内容
  • SEO業者の規模
  • 従業員の数
  • 実績
  • 受けている案件数
  • 一案件にかけられる人員

 

さいごに

 

立石

「SEO業者の選び方と注意点」をご覧いただき、いかがでしたか?

「SEO業者」に依頼する場合は事前にいくつかのポイントを押さえておかなければ、失敗してしまう可能性があることをご理解いただけたかと思います。

この記事の読者の皆様は、今後サイトのSEO対策を本気で考えている方が多いかと思います。

弊社「ティール株式会社」は少数精鋭で大きな会社ではありませんが、スキル・実績が伴ったプロ集団が本気でクライアント様に寄り添いサービスを提供しています。

小さな会社なので、全てのお客様をお受けできるわけではありませんが・・・

本気のクライアント様であれば経験豊富なプロ集団が手厚くサポートしていきますので、もし本気でSEO対策をお考えの方はお話を聞かせていただくところから進めていきたいです。

 

※料金ページでお問い合わせが可能です。

 

ABOUT US

立石 亮
取締役COO
ティール株式会社取締役COO。『ティール式』の編集長。 Webメディアの事業売却経験4度あり。個人で広告月商1000万円越えのメディア立ち上げ他、プログラミングスクール業界No.1WEBメディア編集長も経験。 SEO対策では、対策キーワード上位10位以内の上位獲得率46.2%→58.4%、現在も記録更新中です。目標達成率も92.4%を記録。 お客様に業界知識を勉強させてもらいながら立案する戦略と成果にコミットした施策実行力で大手に真似できないマーケティング効果を生み出します。