初心者が入れるべきWordPressプラグイン7選 | 中上級者向けプラグイン10選も解説

 

「WordPressでブログを始めようと思うんだけど・・・プラグインって何?必要なの?」

 

立石

ブログ初心者の人でも簡単に使えるWordPressって本当に便利ですよね。

ブログを作っていく中で「もっと使いやすくて、見栄えが良いブログにしたい」という思いが芽生えるとたどり着くのが「プラグイン」なのかなと思います。

プラグインはお好きな機能をカスタマイズしてWordPress本体に組み込ませることができ、携帯のアプリのように好きなものを選んで導入することができるのです。

でも最初って何を入れたら良いかって全然わからないですよね・・・

そこで、この記事ではWordPressのプラグインに関する基本的な知識とWordPressのレベル別におすすめしたいプラグインをご紹介します!

初心者の方でもここで紹介するプラグインをまずは押さえておけば、大丈夫ですよ!

 

WordPressのプラグインはなぜ必要なのか

プラグインを入れる主な4つの目的

 

立石

そもそもWordPressにどうしてプラグインが必要なのでしょうか。

その目的は主に以下の4つです。

  1. セキュリティを強化するため
  2. 記事を書きやすくするため
  3. SEO対策を強化するため
  4. 読者が使いやすいサイトにするため

 

では、一つ一つの目的を掘り下げて見ていきましょう!

①セキュリティを強化するため
  • WordPressは世界中で使用されているソフトウェアである一方でプログラムなどの脆弱性がある
  • 管理画面への不正ログインによるサイト改ざんや乗っ取り、重要な情報の盗み取りや許容を超える過剰なデータを送信することによる攻撃(バッファオーバーフロー攻撃)が想定される
  • サイトを管理する人がそれぞれプラグインを導入して各サイトのセキュリティを強化する必要性がある
②記事を書きやすくする
  • WordPressの「テキストモード」では、htmlを駆使してサイト自体をカスタマイズできる
  • いちいちhtmlを打ち込んだり画像を埋め込んだりするのは手間がかかる
  • プラグインはコーディングを簡略化することができ、簡単に記事を書き上げることができる
③SEO対策を強化
  • ブログは読者を増やすためには検索した時に上位に表示されることが大切
  • また、ブログで収益化を目指している人にとって検索結果はさらに重要
  • SEO対策のプラグイン導入は最も簡単なSEO対策
  • プラグインは専門的な知識がなくても簡単にSEO対策が行える優れもの
④読者が使いやすいサイトにする
  • 使いやすいサイトにはコメントやお問い合わせなどのフォームが欠かせない
  • 欠かすことのできないフォームまわりを一括でアレンジできるのがプラグイン
  • プラグインはサイト構造も読者が使いやすいようにアレンジしてくれる
  • 自分で0から作るとかなりの手間ですが、プラグインを使えば決まったフォームを提供してくれるからかなり楽

 

立石

プラグインの大切さをお分かりいただけましたでしょうか?

プラグインを導入することでWordPressがバージョンアップするのです。

 

プラグインを入れないとどうなるのか

プラグインを入れることでサイト自体のセキュリティや利便性がアップすることはお分かりいただけたかと思いますが、ここでは反対にプラグインを入れないことで発生するデメリットもご紹介しておきます。

プラグインは入れなくてもいいのではなく、入れるべきなのです。

  • アクセスが増えない
  • 記事投稿が面倒になる(継続しない)
  • サイトにウィルスが入る
  • サイトにアクセスがあっても読まれない

 

立石

プラグインはサイト自体のセキュリティを強化したり読者が読みやすいようにサイトを構成したりと様々な役割を担ってくれます。

せっかくWordPressでサイトを運営するのであれば、プラグインを入れてより質の高いサイトにするのに越したことはありませんよね。

ただ厄介なのはプラグインをやたらめったらに入れることでサイトが良くなるわけでは無いということです。

重要なのは、信頼できて効果を期待できるものに限定して入れることです。

では、ここからは不要なプラグインを消して、必要なプラグインを入れていく作業について解説していきます!

 

最初から入っているWordPressプラグインを削除すべきか

 

立石

実はWordPressって最初から入っているプラグインもあるんです。

しかし、プラグインって入れれば入れるだけ効果が高まるというわけでもなく、必要無いものは消した方が良いんです。

まずは入っているプラグインの必要性を問わなければなりません。

 

不要なプラグインを削除するべき理由
  • WordPressの表示が遅くなる
  • プラグイン同士が干渉しエラーが発生
  • セキュリティリスクが高まる

 

では、WordPressに最初から入っているプラグインを削除すべきかチェックしていきましょう。

 

▼最初から入っているWordPressプラグイン

プラグイン名 概要
Akismet Anti-Spam 機能はコメントスパムを自動的に振り分けてくれる
Hello Dolly WordPress管理画面の右上に20世紀を代表とするジャズミュージシャンであるルイ・アームストロングの代表曲「Hello, Dolly!」の歌詞の1節を表示するというもの
WP Multibyte Patch 機能はマルチバイト文字(日本語や中国語)に関する問題を防いでくれるものです
TypeSquare Webfonts for エックスサーバー 株式会社モリサワが提供するWebフォントサービス「TypeSquare」を利用できるプラグイン

 

削除すべきプラグイン
  • Hello Dolly
    特に大きな意味の無いプラグインで削除しても問題無い。
  • TypeSquare Webfonts for エックスサーバー
    月間25,000PVのブログにしか利用できないため、初心者しか使えないプラグイン。月間PVを伸ばしたいと考えている人は削除すべき。
削除せず残すべきプラグイン
  • Akismet Anti-Spam
    スパム防止なので必ず必要になるプラグイン。
  • WP Multibyte Patch
    WordPressはもともと英語のサイトなので、これを日本語でうまく利用するためには欠かせないプラグイン。

 

▼プラグインの削除方法

①ダッシュボードのサイドバーにある「プラグイン」を選択
②削除したいプラグインの「削除」を選択し削除完了

 

立石

不要なプラグインを削除し必要なプラグインだけを残すことで、運営側も読者側にも使いやすいサイトが出来上がるのです。

もし、消してしまっても必要だと思えばまたインストールすれば良いだけなので問題はありませんよ。

 

WordPressで最低限入れるべきプラグイン7選

 

立石

最初から入っているプラグインが整理できたら、ここからは必要なプラグインをインストールしていく段階に入ります。

ただどのプラグインを入れたら良いのか検討がつかない人もいるかと思いますので、最低限入れるべきプラグイン7選をご紹介します!

 

▼最低限入れるべきプラグイン7選

プラグ名 概要
SiteGuard セキュリティ強化
BackWPup WordPressのバックアップ
All in one SEO Pack SEO対策全般
Classic Editor クラシックエディター機能保持
Table of Contents Plus 記事の目次作成
TinyMCE Advanced ビジュアルエディタ機能を強化
EWWW Image Optimizer 画像を圧縮してページを軽くする

 

▼プラグインのダウンロードから「有効化」までの5STEP

  1. サイドバーから「プラグイン」を選択
  2. 「プラグイン」ページから「新規追加」をクリック
  3. 右にある検索窓で探しているプラグインの名前を検索
  4. 検索結果が表示されたら「今すぐインストール」を選択
  5. インストールが完了したらプラグイン一覧から使用したいプラグインを探して「有効化」完了

 

 

1.SiteGuard

 

▼SiteGuard

名前 SiteGuard
概要 セキュリティ強化
主な機能
  • ログインページの変更
  • ログインページ、コメント投稿に画像認証追加
  • ログイン失敗を繰り返す接続元を一定期間ロック
  • ログインがあったことを、メールで通知
導入後の設定が必要か 基本的には「有効化」するだけでOK。
しかし、メール通知が多く来るので迷惑な場合はメール通知をOFF設定する必要がある。
入れることによるメリット 不正ログインの防止やスパムの防止など、WordPress標準状態よりもセキュリティを上げてくれる。悪意ある第三者からの攻撃を防止してくれる効果がありますのでおすすめ。

 

2.BackWPup

 

▼BackWPup

名前 BackWPup
概要 管理画面上からWordPressサイトを手軽にバックアップできる
主な機能
  • WordPressデータベース及びファイルのバックアップ機能
  • サーバー内ディレクトリのほか外部サービス(FTPサーバー,Dropboxなど)への保存機能
  • バックアップ時のメール通知機能
  • スケジュールバックアップ機能
  • バックアップファイルの世代管理機能
導入後の設定が必要か 「有効化」のあと、バックアップを自動化するために、BackWPupでバックアップジョブを作成する必要がある。この設定でバックアップをとる時間や曜日を設定することが可能。
入れることによるメリット インストールフォルダ・ファイル群とともにデータベースの中身もバックアップできるので、突然全てのデータがとぶリスクが減る。

 

3.All in one SEO Pack

 

▼All in One SEO Pack

名前 All in One SEO Pack
概要 WordPressのSEO対策のためのプラグイン
主な機能
  • Google Analyticsとの連携
  • SEOのタイトルやメタディスクリプション
  • noindex設定などSEOに関する様々な設定
導入後の設定が必要か 「有効化」のあと、以下のような設定が必要になります。

  • トップページのタイトル・説明文・noindex設定
  • Google アナリティクスの登録
  • Google サーチコンソールの登録
  • サイトマップ機能の有効化とサイトマップ登録
  • 投稿・固定ページのタイトルと説明文
  • SNS機能の有効化
入れることによるメリット このプラグイン一つでSEO対策が全て補える。

 

4.Classic Editor

 

▼Classic Editor

名前 Classic Editor
概要 執筆の際の編集画面を管理するプラグイン
主な機能
  • WordPress5.0から標準エディタとなった「ブロックエディタ」を従来の「クラシックエディター」に戻す
  • 「ブロックエディタ」と「クラシックエディター」の併用を可能にする
導入後の設定が必要か 基本的には「有効化」すればクラシックエディターに戻るが、併用希望の場合は設定が必要。
入れることによるメリット
  • Wordのような感覚でコンテンツを執筆することができる
  • 新しいバージョンに対応していない古いテーマやプラグインを使用できる

 

5.Table of Contents Plus

 

▼Table of Contents Plus

名前 Table of Contents Plus
概要 記事に目次をつくるプラグイン
主な機能
  • ページの中の見出しを元に自動で目次を作る
  • 目次から該当箇所にジャンプできる
導入後の設定が必要か 「有効化」した後、様々な設定が必要。

  • 目次の表示設定
  • 見出しレベルの設定
  • スクロール移動など
入れることによるメリット
  • 記事の構造がわかりやすくなる
  • 読者が読みたい部分にすぐにとべる

 

6.TinyMCE Advanced

 

▼TinyMCE Advanced

名前 TinyMCE Advanced
概要 ビジュアルエディタ機能を強化するプラグイン
主な機能
  • テーブルの作成と編集のサポート
  • フォントサイズやフォントファミリーの変更
  • リストの作成(オプション設定可能)
  • 見出し・フォント装飾(太字・斜体・下線etc)
導入後の設定が必要か 「有効化」の後、欲しい機能を設定する必要がある。
入れることによるメリット
  • クラシックエディターがより使いやすくなる
  • 自分に必要な機能だけを選べる

 

7.EWWW Image Optimizer

 

▼EWWW Image Optimizer

名前 EWWW Image Optimizer
概要 画像の圧縮・最適化をするプラグイン
主な機能
  • 画像を圧縮・最適化
  • 新規画像を圧縮
  • 既存画像を一括で圧縮
導入後の設定が必要か 「有効化」の後、Basic設定で「Remove Metadata」にチェックを入れるだけで基本的には使用可能。
入れることによるメリット
  • ページの表示速度の向上を支援
  • 表示速度をあげてサイトの利便性向上
  • 読者が快適にサイトを使えるようになる

大きなアクセス流入を狙いたい中級者向けWordPressプラグイン5選

 

 

▼大きなアクセス流入を狙いたい中級者向けWordPressプラグイン5選

プラグ名 概要
AddQuicktag 記事内で簡単にコードを挿入することができるプラグイン
Broken Link Checker リンク切れしているリンクを知らせてくれるプラグイン
WebSub/PubSubHubbub 記事を投稿した際に検索エンジンに素早くお知らせをしてくれるプラグイン
WordPress Ping Optimizer SEO対策の一つであるping送信を最適化することができるプラグイン
WP Super Cache サイトの表示速度を高速化できるプラグイン

 

AddQuicktag

 

▼AddQuicktag

名前 AddQuicktag
概要 記事内で簡単にコードを挿入することができるプラグイン
主な機能
  • HTMLタグをあらかじめコードを登録
  • 必要な場所に簡単にコードを入力できる
導入後の設定が必要か 「有効化」の後、自分が使いたい任意のコードを設定する必要がある。
入れることによるメリット
  • 投稿画面での作業の手間と時間を短縮
  • 使うコードが統一しやすくまとまりのあるサイトになる

Broken Link Checker

 

▼Broken Link Checker

名前 Broken Link Checker
概要 リンク切れしているリンクを知らせてくれるプラグイン
主な機能 自サイトから外部サイトへのリンクがリンク切れになっていないかをチェック。
導入後の設定が必要か 「有効化」の後、設定が必要。

  • リンクチェックの頻度
  • リンクチェックの対象(投稿・画像など)
入れることによるメリット
  • 有効な発リンクだけを残しておけるため、サイトの価値が向上する
  • リンクが切れていることに気がつける

 

WebSub/PubSubHubbub

 

▼WebSub/PubSubHubbub

名前 WebSub/PubSubHubbub
概要 記事を投稿した際にGoogle・Yahoo!・Bingなどの検索エンジンに素早くお知らせをしてくれるプラグイン
主な機能
  • 記事を投稿した際に検索エンジンに素早く通知
  • 記事を投稿した際に検索エンジンにインデックスされるスピードが早くなる
  • スクレイピングを防ぎ、オリジナルコンテンツとして認められる可能性が上がる
導入後の設定が必要か 「有効化」のみで基本的にはOK
入れることによるメリット
  • 検索エンジンに早く認知されることでSEO対策効果がアップする
  • PV数が伸びやすい

 

WordPress Ping Optimizer

 

▼WordPress Ping Optimizer

名前 WordPress Ping Optimizer
概要 SEO対策の一つであるping送信を最適化することができるプラグイン
主な機能
  • ping送信を最適化
  • 記事の修正のたびにpingを送信することを防ぐ
導入後の設定が必要か 「有効化」の後、設定が必要。

  • pingサーバー(送信先)の設定
  • pingを送信する時間
入れることによるメリット 無駄なpingの送信を減らし、ブログのスパム化を防ぐことが可能。

 

WP Super Cache

 

▼WP Super Cache

名前 WP Super Cache
概要 サイトの表示速度を高速化できるプラグイン
主な機能
  •  HTMLファイルを生成(キャッシュ)
  • ウェブサイトのパフォーマンスを向上
導入後の設定が必要か 「有効化」の後、設定が必要。

  • キャッシュの有効期限を適切に設定
  • なにか変更したら「キャッシュを削除」をクリック
入れることによるメリット
  • サイトの表示速度が早くなる
  • 再来するユーザは素早くページを読み込める

 

成約率を高めたい上級者向けプラグイン5選

 

▼成約率を高めたい上級者向けプラグイン

プラグ名 概要
Search Regex 文字テキストを置換することができるプラグイン
Easy Fancy Box 画像をクリックすると拡大させるプラグイン
Q2W3 Fixed Widget サイドバーを追従させるプラグイン
Page Builder By Site Origin ページのレイアウトを自由に組み替えられるプラグイン
Content Aware Sidebars ページやカテゴリーごとにサイドバーを自由に変えられるプラグイン

 

Search Regex

 

▼Search Ragex

名前 Search Regex
概要 文字テキストを置換することができるプラグイン
主な機能
  • WordPressサイト内の文字列を一括で変換可能
  • 本文・記事タイトル・コメントの名前などあらゆる文字列を変換可能
導入後の設定が必要か 「有効化」で使用可能。
変換の際は変換したい部分を選び実行する必要がある。
入れることによるメリット
  • ブログ内の言い回しや単語などの文字テキストを統一することができる
  • 一つ一つ修正する手間がかからない

 

Easy Fancy Box

 

▼Easy Fancy Box

名前 Easy FancyBox
概要 画像をクリックすると拡大させるプラグイン
主な機能
  • 写真のギャラリー一覧を作成し、ボタンをクリックするとふわっと拡大表示できる
導入後の設定が必要か
  • 「有効化」した後、画像のギャラリー一覧を作成する必要がある
  • 固定ページに表示するサイズや個数なども設定が必要
入れることによるメリット
  • 写真をわざわざ別のページで表示しなくて良い
  • 気軽に写真を拡大できる

 

Q2W3 Fixed Widget

 

▼Q2W3 Fixed Widget

名前 Q2W3 Fixed Widget
概要 サイドバーを追従させるプラグイン
主な機能
  • メインカラム部分をスクロールした際サイドバーの指定したウィジェットが追尾
  • ページのどの部分でも同じサイドバーを表示
導入後の設定が必要か 「有効化」の後、追尾させるかどうかという設定が必要。
入れることによるメリット 常に表示しておきたい項目を常に表示できる

 

Page Builder By Site Origin

 

▼Page Builder By Site Origin

名前 Page Builder By Site Origin
概要 ページのレイアウトを自由に組み替えられるプラグイン
主な機能
  • 投稿ページや固定ページで文章・画像および各ウィジェットをドラッグアンドドロップで自由に配置することができる
導入後の設定が必要か 「有効化」の後、エディタページで「ページビルダー」があることを確認。
そこからカラムやウィジェットを追加してページを組み立てていく。
入れることによるメリット
  • HTMLやCSSの知識がなしでブロック感覚でページを作成できる
  • ドラッグ&ドロップの操作だけで、複雑なレイアウトが可能

 

Content Aware Sidebars

 

▼Content Aware Sidebars

名前 Content Aware Sidebars
概要 ページやカテゴリーごとにサイドバーを自由に変えられるプラグイン
主な機能
  • 各ページ、各カテゴリごとにサイドバーを最適化
導入後の設定が必要か 「有効化」の後、どのページにどのようなサイトバーを表示されるのかを設定する必要がある。
入れることによるメリット それぞれのカテゴリー・記事で読者に与える情報を変えられる。

 

まとめ

 

立石

初心者が入れるべきWordPressプラグイン7選をご覧いただき、いかがでしたか?

プラグインをうまく利用すれば初心者でもWordPressで安全で質の高いサイトが運営できることがお分かりいただけましたでしょうか?

WordPressは自由にカスタマイズできる反面、セキュリティの面で不安があるのでまずはセキュリティをカバーしてくれるプラグインから導入することをおすすめします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUT US

立石 亮
取締役COO
ティール株式会社取締役COO。『ティール式』の編集長。 Webメディアの事業売却経験4度あり。個人で広告月商1000万円越えのメディア立ち上げ他、プログラミングスクール業界No.1WEBメディア編集長も経験。 SEO対策では、対策キーワード上位10位以内の上位獲得率46.2%→58.4%、現在も記録更新中です。目標達成率も92.4%を記録。 お客様に業界知識を勉強させてもらいながら立案する戦略と成果にコミットした施策実行力で大手に真似できないマーケティング効果を生み出します。